XMのデモ口座で証拠金不足に!追加入金する方法は?

XMのデモ口座で証拠金不足に!追加入金する方法は?

XMのデモ口座はネット上のホームページから簡単に開設して即日利用できる非常に便利なサービスとなっています。

最大888倍というハイレバレッジをまず体験するにはいきなりリアル口座に資金を入金して始めるよりも、やはりデモ口座で十分にその違いを体験してから始めることが安心ですし、取引上どういったことに注意すべきかもしっかり理解することができるのは大きなメリットとなることは間違いありません。

しかし、このデモ口座を利用しても万一初期に設定した仮想の証拠金をすべて使い果たしたりゼロカットシステムの稼働ですべて失ってしまうといったことは十分にあり得る話です。

証拠金が不足するといった時には一体どうすればいいのでしょうか。こうした証拠金不足に追加入金する方法などはあるのでしょうか。今回はXMのデモ口座の証拠金不足の解消策について考えてみることにします。

デモ口座はXMの888倍の魅力と国内業者との違いを体感するチャンス

XMは国内の店頭、取引所FX業者を通じた取引には存在しない最大888倍というハイレバレッジ環境で取引ができるきわめて特別な条件を提供してくれる業者となっています。

XMはハイレバレッジのみならずMT4やMT5 と呼ばれる海外の業者ではスタンダードになっている高機能のトレードツールを利用することができるため、トレードをするためにこれに慣れることも重要になってきます。

こうした特別な環境でいきなり現金を投入して売買を始めるのはかなり危険ですが、これに慣れるために用意されているのがデモ口座なのです。デモ口座ではレバレッジから証拠金の金額まで事前に自らセットしてデモトレードと始められるようになっているのが大きな特徴といえます。

XMでは最大888倍のレバレッジが利用できるスタンダード口座に加えてさらにスプレッドを狭くしたECN方式と呼ばれるマージン外だしのゼロ口座も体験することができ、XM取引の雰囲気をリスクなしで十分に味わうことができるようになっています。

しかもXMのデモ口座には有効期限がありませんから、利用者が納得いくまでデモ口座で売買の練習を積むことが可能になっているのです。ただし、最終ログインから120日以上経過してしまいますと自動的に閉鎖されてしまいますからあくまで利用を継続することが必要になります。

デモ口座の証拠金不足に陥ったらどうするか?

XMのデモ口座で証拠金不足に!追加入金する方法は?

このデモ口座を使って売買してみても、最初はどうしてもハイレバレッジに慣れないことから証拠金総額に比べて多くポジションを持ちすぎたりしていきなり損失が拡大することになり、しかも損切を入れておかないことで一気に証拠金を失うといった事態に追い込まれることも十分に考えられます。

リアルな口座なら自己負担で証拠金を追加入金して補うこともできるわけですが、デモ口座にはそうした機能はついていません。

実際に証拠金を足して売買を継続したいと思ったときには一体どうすればいいのか多くの方が迷うことと思います。

しかしそんなときにはサポートデスクに連絡してお願いをすればすぐに修正を賭けてもらうことができるのです。

しかもXMTradingのサポートデスクは日本語で対応してくれますから、彼らの稼働時間にお願いすれば、修正もすぐに実施してくれて非常に便利です。

わざわざ新しく口座を開設しなおす必要はまったくありません。

デモ口座なのにサポートデスクにあれこれ問い合わせるというのは気がひけるものですが、XMではしっかり対応してくれますので、まずは遠慮なく問い合わせてみることがお勧めとなります。

残高変更は具体的な変更数字をお願いすれば更新OK

まずこの日本語対応のサポートデスクにデモ口座の番号を伝えてリセットをお願いすれば初期設定の状態に簡単に戻してもらうことができます。たとえば100万円の証拠金で売買するようにセットしていた場合には完全に最初に設定した状態に戻ることになるのです。

また残高を変更したい場合、たとえば1万円しか残っていない残高を30万円に変更したいといった場合には具体的な金額を提示して修正依頼をすればこちらも希望に応じてもらうことができるのです。

運悪くすべてのバーチャルな証拠金をゼロカットシステムが稼働して失ったときにはリセット、追証が必要な場合には残高変更をお願いすれば、同じ口座で引き続きバーチャルなデモ取引を体験し続けることができるようになります。

レバレッジも変更可能

このサポートデスクに連絡すれば初期に設定したレバレッジも変更が可能になります。たとえば888倍ではなく200倍で売買してみたいというときには遠慮なく連絡して変更を申し出れば、こちらも新たに口座開設をしなくても試してみることができるようになるのです。

同じ通貨ペアを売買したときに1円動いた時の利益も損失もレバレッジとはまったく関係がありませんが、過小な証拠金で売買したときには想像以上に証拠金を減らしてしまうような事態に陥ることもあるため、このレバレッジの変化による証拠金の減少率といったものは実際にしっかり体験してみることが必要になります。

888倍と200倍ではやはりかなり異なるものとなりますから、デモ口座の段階でそれを体感しておくことは大きく役立つものになるのです。

XMの日本語サポートデスクは海外FXの中でももっとも秀逸

XMでは欧州において金融当局から厳しいFX取引規制が行われることを見越して2016年よりキプロスとは別にセーシェルに法人を開設し、日本人投資家対応はこのアカウントが積極的に行う体制をとってきました。

その結果日本語で対応できるヘルプデスクも非常に充実し、事務局の稼働時間には完全に日本語でチャットにより問い合わせを行うことができるようになっていますし、時間外は日本語のメールで問い合わせすることも可能になっているのです。

海外FXの他社の場合日本語対応OKを名乗っていても稼働時間がきわめて短く、それ以外の時間は結局英語でメールを出すなりチャットをしなくてはならないことから日本人個人投資家にとってはまずそれが大きな障壁となっているわけですが、XMならばまったくそうした心配がないという点ではストレスの少ない売買ができるようになっているのです。

これだけ見てもXMという会社がいかに日本の個人投資家への対応に真剣に取り組んでいるかがよくわかります。

まとめ

XMでハイレバレッジなFX取引を実現するためには、まずデモ口座を利用して存分にトライアルの売買を行うことでハイレバの違いをしっかりと認識することが重要になります。

しかしこのデモ口座もつい証拠金に比べて大きなポジションをとってしまいますとあっという間に設定したバーチャルな証拠金をすべて失ったりほとんど失うという事態に追い込まれることもよくあります。

リアルな口座であれば自己責任で資金を足すなどした証拠金を増やすことができるわけですが、バーチャルなデモ口座ではそうしたこともできないことになってしまいます。しかしこれは日本語対応のサポートデスクにリセットもしくは追証をお願いすればすぐに修正をかけてくれますので、引き続きデモ取引を行うことができるようになるのです。

デモ口座の証拠金のことで迷ったらまずは日本語対応のXMサポートデスクに相談してみてください。きっと短時間で解決して引き続きデモ取引で売買が可能になります。